業務案内

研究成果と提言

会社案内

採用情報

トップページ > 研究成果と提言 > スタディレポート > 既刊号のご案内

スタディレポート

既刊号のご案内

当社の業務・研究成果などの一端を報告するPREC Study Report。当社創立25周年を記念して1997年に創刊し、以来毎年1〜2号刊行しております。技術資料として、また当社をお知り頂くための資料として、クライアントほかお読み頂いた方々より高い評価を得ております。

以下、既刊号をお知らせいたします(各号をクリックすることで目次、本文へとそれぞれの内容をご確認いただけます)。

既刊号一覧

スタディレポートvol.19 2020/12/25

招待エッセイ「ポスト・コロナの自然環境政策」、「アフターコロナの経済システム」、論文(2)、プロジェクトレポート(8)、設計作品紹介(3)

スタディレポートvol.18 2019/12/25

招待エッセイ「新しい文化を求めて」、「環境問題における経済学の役割(その2)」、論文(3)、プロジェクトレポート(9)、設計作品紹介(2)

スタディレポートvol.17 2018/11/25

招待エッセイ「環境問題における経済学の役割(その2)」、 「「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の価値を伝える」、論文(1)、講演レポート(1)、プロジェクトレポート(7)、設計作品紹介(2)、研修レポート(1)

スタディレポートvol.16 2017/3/25

招待エッセイ「グリーンインフラを基盤にした国土計画の未来」、 「環境問題における経済学の役割(その1)」、論文(11)、プロジェクトレポート(10)、設計作品紹介(3)

スタディレポートvol.15 2011/11/30

招待エッセイ「東日本大震災と動物園 」、論文(4)、プロジェクトレポート(4)、設計作品紹介(1)

スタディレポートvol.14 2009/9/10

招待エッセイ「花と緑から生まれた日本の文化 」、論文(9)、プロジェクトレポート(5)、設計作品紹介(1)

スタディレポートvol.13 2008/6/25

招待エッセイ「文化が支える生物多様性」、論文(2)、トレンドリサーチ(2)、プロジェクトレポート(7)、設計作品紹介(5)、政策レポート(2)

スタディレポートvol.12 2006/12/25

招待エッセイ「歴史から読み解く日本の都市の特徴」、「ヒトの原風景を考える−都市に原風景はあるのか 」、論文(4)、プロジェクトレポート(4)、設計作品紹介(3)

スタディレポートvol.11 2005/12/25

招待エッセイ「環境ベースマップを必要とする理由」、「諏訪地域の移入生物から考えること」、論文(4)、プロジェクトレポート(8)、海外事業報告

スタディレポートvol.10 2004/12/25

論文(5)、プロジェクトレポート(5)、Topics 海外事業報告

スタディレポートvol.9 2003/12/25

招待エッセイ「湿原逍遥」、論文(4)、プロジェクトレポート(7)

スタディレポートvol.8 2002/12/25

招待エッセイ「ある自然保護の会合に出席して」「うなぎの舞坂」、論文(4)、プロジェクトレポート(6)、創立30周年記念座談会報告

スタディレポートvol.7 2001/12/20

招待エッセイ「私の植物生態学遍歴」、論文(4)、プロジェクトレポート(4)

スタディレポートvol.6 2000/12/1

招待エッセイ「歴史的な生命(いのち)の関係の賑わいを」、論文(8)、プロジェクトレポート(3)

スタディレポートvol.5 1999/12/25

招待エッセイ「外国樹種導入の問題点」、論文(4)、プロジェクトレポート(4)

スタディレポートvol.4 1999/8/1

招待エッセイ「湿潤地域での遷移と植生管理」、論文(5)、プロジェクトレポート(4)

スタディレポートvol.3 1998/12/18

特集「生態系−その保全と利用」関連論文(3)、招待エッセイ「自然をどう守るか」、プロジェクトレポート(3)

スタディレポートvol.2 1998/7/31

特集「環境アセスメントと地球温暖化防止」関連論文(5)、その他の論文(1)、 プロジェクトレポート(2)

スタディレポートvol.1 1997/12/18

特集「エコロジカル・アプローチ」関連論文(3)、その他の論文(12)、創刊号記念特別鼎談報告
 


サイトマップサイトポリシー

(c) 2020 PREC Institute Inc.